アトピー性皮膚炎

バスタオルを巻いた女

アトピー性皮膚炎とは、アレルギー性の皮膚炎のことです。アレルギーの原因としてダニやハウスダスト、そして、多くの食品が知られています。 ひどい人は、痒さのあまり、皮膚をかきむしって出血したり、その痕がなかなか治らずに皮膚が粉をふいたようになってしまうことがあるのです。 そして、アトピー性皮膚炎になりやすい人の特徴として、皮膚が乾燥しやすいという共通点があるのです。 要するに、皮膚を外界の刺激から守り、バリアの役割を担っているのが皮脂ですが、皮脂の分泌量が少ないことがアトピー性皮膚炎の引き金の1つになっているのです。ですから、アトピー性皮膚炎の治療には皮膚を乾燥から守るためのスキンケアが重要で、スキンケア製品を選ぶ必要があります。

アトピー性皮膚炎は、時間がかかりますが、治すことができる病気です。そこで、治療をするための重要なポイントについて説明します。 まずは、アレルギーの原因となっている物質をしっかりと調べることから始める必要があります。そのためには、皮膚科などの病院に行って、アレルギーの原因が何なのかを調べてもらいましょう。そして、できるだけアレルギーの原因を排除してやることが重要になります。 また、病院ではステロイドの塗り薬を処方される場合がありますが、ステロイドは使い方を誤ると副作用がありますから、用法用量をしっかりと守って使用することです。 そして、適切なスキンケアを行うことです。適切なスキンケアとは、皮膚を清潔に保つことはもちろんですが、保湿性の高いスキンケア製品を用いて肌の乾燥を防ぐことが重要です。