クレンジングで改善

手の甲とクリーム

乾燥肌の方は、肌を傷めない優しいタイプのクレンジング剤を選ぶようにしましょう。 するりとメイクが落ちるタイプのクレンジング剤は汚れ落ちが良い分、肌に負担がかかってしまいます。 そして、メイクを落とす時にはクレンジング剤の量をたっぷりと使って、優しくクルクルメイクになじませてメイクを浮かせていきます。 クレンジング剤の量が少なすぎると、肌と手との間に摩擦が起きてしまって、乾燥肌を悪化させてしまうので注意が必要です。 メイクがきちんと浮いたら、ぬるま湯で優しく洗い流すようにします。 クレンジング後に洗顔をするため、粗方メイク汚れが落ちる程度のすすぎで大丈夫です。 また、すすぎの時のぬるま湯の温度にも気を付けて、熱くなりすぎないようにしましょう。

乾燥肌にはクレンジングオイルは向かないですが、がっつりと濃いメイクをしている時には、しっかりと汚れを落とす必要があるため、オイルタイプを使うのも良いでしょう。 濃いメイクをしているのに肌に優しくて、洗浄力の弱いクレンジング剤メイクを落とそうとすると、必要以上に擦ってしまって逆に肌にダメージを与えてしまいます。 普段のメイクは肌に優しいミルクタイプやクリームタイプを使って、たまに濃いメイクをした時にいはオイルタイプを使うなど、乾燥肌でもメイクの状態によってクレンジング剤を使い分けるのが大切です。 その代わり、オイルタイプなどの洗浄力の強いクレンジングを行った時には、いつも以上に保湿を徹底するようにしましょう。